メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

神明/こだわりおにぎりのテークアウト専門店を虎ノ門に初出店

2022年05月09日店舗

関連キーワード:

まん福ホールディングスと神明ホールディングスは5月9日、おにぎりチェーンを展開するジョイントベンチャー(JV)「RICE REPUBLIC」を設立したと発表した。

<こだわりおにぎりのテークアウト専門店>
こだわりおにぎりのテークアウト専門店

5月10日に原料と創作にこだわったテークアウト型店舗「TARO TOKYO ONIGIRI」第1号店を東京虎ノ門に初出店する。「TARO TOKYO ONIGIRI」の名前には、日本食文化の源流である「おにぎり」を、日本人古来の名前「TARO」というブランド名で、おにぎりの新たな価値を食の都「TOKYO」からグローバルに発信するという思いが込められている。

おにぎりの3種の神器とされる「米」「塩」「のり」にこだわった。米は全国各地の銘柄米を20種類以上、塩は30種類以上、のりもさまざまな種類を組み合わせている。

米は、神明厳選の特別栽培米、宮城県登米産「ひとめぼれ」を使用。有機質の肥料で栽培され農薬を抑えた特別栽培米は粘り、香り、うまみのバランスがよく冷めてもおいしいという。

塩は、米の産地である登米からほど近い宮城県石巻「伊達の旨塩」を使っている。のりは、厳選した有明産ののりを使用。個包装されたのりは食べる直前に自身で巻く仕立てになっている。

「北海道産 贅沢いくらの醤油漬け きざみ三つ葉添え」(税込み420円)、「三陸産銀しゃけ 塩こうじ漬け」(250円)、「江戸前風 あさり佃煮&ふき味噌」(250円)、「出汁パンチ×3」(280円)などのメニューが楽しめる。

デザインの開発にあたっては、世界的に活躍するアーティストTAKAHASHI HIROKO(高橋 理子)さんとのクリエーティブコラボレーションが実現した。

グローバルな感性を持つロゴ開発から空間演出まで、「新しい時代のONIGIRI」の世界を表現している。

■TARO TOKYO ONIGIRI 虎ノ門店
住所:東京都港区虎ノ門1−12−11 虎ノ門ファーストビル1階
営業時間:8時~20時(平日)、8時~15時(土日祝日)
※下記日程は、営業時間が異なる
5月10日~13日(平日)10時~20時、5月14、15日(土日)10時~15時
Instagram:https://www.instagram.com/tarotokyo_onigiri/

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年05月28日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方