メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

高槻阪急/2023年秋「高槻阪急スクエア」に一新、大型専門店導入

2022年05月13日店舗

関連キーワード:

阪急阪神百貨店は5月12日、2023年秋に大阪府高槻市の「高槻阪急」を「高槻阪急スクエア」としてリニューアルオープンすると発表した。エイチ・ツー・オー リテイリングが、2021年7月に発表した新・中期経営計画(2021-2023 年度)に則った施策。

<高槻阪急>
高槻阪急

約23億円を投じ、全館営業面積の約65%となる地下1階~3階・5階を一新する。大阪・京都からも比較的近い、利便性の高い立地と、豊かな自然が共存する、どの世代にも住みやすい高槻の土地で、地元の暮らしに溶け込む、顧客支持No.1ストアを目指す。また、専門店と百貨店の強みを生かしコンテンツを組み合わせ、業態ミックスによる効率的な店舗運営を行い、安定的な収益基盤の確立を目指す。

2022年上半期の施策として6月、3階に家電専門店「ビックカメラ」を導入する。「わたしたちの街の頼りになる専門店」をコンセプトに、話題の商品や最新家電だけでなく、年配の人や子育てファミリーが多い高槻駅周辺のニーズに合わせ、電動自転車やおもちゃなども取り扱う。また、商品購入後のサポート、修理の受け付け、不要になった家電の買い取りなど、困りごとの相談に対応するカウンターも用意する。そのほか、9月には1階・2階にも大型専門店を導入する予定だ。

<ビックカメラ>
ビックカメラ

8月中旬、高槻地区No.1のビューティーワールドが現在(1階)の1.3倍、約640m2の規模で、2階にリニューアルオープンする。自然派コスメやリラックスタイムに欠かせないバス&ボディコスメ、メイクアイテムも充実させ、約30ブランドを展開する。

<2階に化粧品売場を移設オープン>
2階に化粧品売場を移設オープン

また、4月22日に、1階にWEBストアとリアルショップが融合したセレクトショップ「ドットエスティ」をオープンした。北摂エリア初出店となる店舗で、30以上の最旬ファッションブランドから人気アイテムが集結した。「ドットエスティ」会員限定のサービスも、用意している。

<ドットエスティ>
ドットエスティ

2023年秋までのリモデルで約50の新ブランドを導入し、新たな生活提案を行う。まず、高槻のマーケットに即した3つのスタイルワールドを新たに構築する。1階から3階を、フロアごとに3つのワールドに分類し、高槻のお客の暮らしぶりに寄り添い、生活を豊かにする3つのスタイルを提案する。

1階は家族や仲間との距離感が近く、近隣でのアウトドア、自宅での集いを家族・友達と楽しむ「子育てファミリーライフ」、2階は都会的過ぎず、でも旬は押さえた好感度の高い日常のおしゃれを楽しむ「今どき旬ファッション」、3階は自然を感じ、手間暇かけて日々の暮らしを丁寧に楽しむ健康志向の「大人の楽しみ」のワールドに刷新する。

特に、1階「子育てファミリーライフ」では、ベビールームを新設するとともに、約180m2の子育てファミリーの集いの場「たかつき けやき広場(仮称)」を象徴コーナーとして、2023年秋に設置する予定だ。子育てファミリーを応援するイベントや、3世代で絆を深めることができる体験メニューを開催する。

<たかつき けやき広場(仮称)>
たかつき けやき広場(仮称)

また、郊外での暮らしに必要な生活インフラ専門店や大型専門店を拡充する。人気の大型専門店から最旬のファッション専門店・生活雑貨店までラインアップする。アフターコロナでも、家での快適志向が継続することを見越して、大型家電専門店を新たに導入する。さらに、時間消費を楽しめる、より快適な店としてカフェ機能を充実。そのほか、ワンストップでより便利に買い物をするためにドラッグストアも導入する。

<1階のイメージ>
1階のイメージ

催場では、地元高槻の事業者の参画による「高槻マルシェ」や、北海道物産展を中心とした地域振興催事、専門店とのコラボレーションによるアイテムセールなど、多種多様に開催する。百貨店カテゴリーでは、特にビューティー、フードに注力する。ビューティーでは幅広いお客が利用できるセミセルフ型のコスメセレクトショップを導入する。フードでは、より地域の食材にフォーカスした企画を拡充し、高槻の魅力を発信し、地元を応援する生活提案をさらに強化する。

高槻阪急は、1974年11月に、西武タカツキショッピングセンターとして開業した。2004年9月に西武タカツキショッピングセンターからオーロラモールに屋号変更し全館リニューアルした。

2009年8月にオーロラモールから西武高槻店に屋号変更し、2017年10月にエイチ・ツー・オー リテイリングがセブン&アイ・ホールディングスから、西武高槻店の事業を承継した。その後、2019年10月に高槻阪急に屋号を変更して営業を開始した。全館改装は、2009年以来、約20年ぶりとなる。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年05月21日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方