小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

芳林堂書店/破産で負債20億7500万円

帝国データバンクによると、芳林堂書店は2月26日に東京地裁へ自己破産を申請し、同日付で破産手続き開始決定を受けた。負債は債権者約187名に対し約20億7500万円。

戦後、古本販売業を目的に個人創業され、1948年3月に法人改組した書籍小売業者。71年にはJR池袋西口に芳林堂ビルを建設し、旗艦店となる池袋本店をオープンした。

その後も都内を中心に出店を進めて業容を拡大し、99年8月期には年売上高約70億5000万円をあげていた。

しかしその後は、長引く出版不況と相次ぐ競合大型店の出店から売り上げの減少が続き、2003年12月に池袋本店を閉店、2004年1月には芳林堂ビルを売却した。

以後も店舗のスクラップアンドビルドを進め、近年はエミオ狭山市店をオープン(2014年8月)させた一方、津田沼店(2014年5月)、センター北店(2015年4月)、汐留店、鷺ノ宮店(ともに2015年9月)を閉店した。

近時は、高田馬場店、コミック本専門店の「コミックプラザ」(豊島区西池袋)など都内4店、埼玉県5店、神奈川県1店の計10店の直営店展開となっていたが、2015年8月期の年売上高は約35億8700万円にダウン、厳しい資金繰りを強いられていた。

そうしたなか、2月5日に主力仕入先である書籍取次の太洋社(東京都千代田区)が自主廃業も想定し、会社の全資産の精査などを進める方針を明らかにしたことで動向が注目されていた。

なお、商号を2月25日付で芳林堂書店からS企画に変更して自己破産を申し立てている(2月26日時点で商業登記簿上では商号変更されていない)ほか、書泉に事業譲渡することで合意した。店舗の営業は継続している。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧