小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

興文堂書店/高知の書店、破産で負債5億円

東京商工リサーチによると、興文堂書店は3月17日、高知地裁へ破産申請した。負債総額は約5億円。

興文堂書店は書籍取次の高知出版販売の関連会社として書店運営を目的に設立。「興文堂書店」の屋号で高知県内に複数の店舗を構え、1996年頃にはグループ2社で年間売上高15億円以上を計上していた。

しかし、2016年2月5日に出版取次の太洋社が自主廃業に向けた動きに入ることを公表し、書籍や雑誌の入荷が困難となったことから店舗を順次閉鎖していた。

関連会社の高知出版販売は3月15日、高知地裁へ破産を申請した。負債総額は約5億2000万円。設立当初より太洋社との結び付きが強く、同社の2015年6月期の売掛金(未収入金)内訳書には、高知出版販売に対する債権4億3914万円が計上されていた。太洋社が3月15日、東京地裁に破産申請し、これに連鎖した。

なお、太洋社に連鎖した倒産は、芳林堂書店、高知出版販売、興文堂書店の3社。書店の休廃業は、17社(個人企業含む)・19店となっている。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧