小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

小売業/無期転換制度、労使確認進む

流通・サービス・製造業の労働組合が加盟する産業別労働組合のUAゼンセンはこのほど、5月末時点での2018労働条件闘争状況をまとめ、無期転換制度について、パートタイマーで346 組合(743,028人)、契約社員で139組合(52,481人)が労使確認したと発表した。

<無期転換権発生時期>
無期転換権発生時期

通算5年よりも早い段階での無期転換を確認している組合は、パートタイマーで50組合(14.5%)、契約社員で37組合(26.6%)だった。

希望者すべての無期転換を確認している組合はパートで308組合(89.0%)、契約社員で114組合(82.0%)で、無期転換後に65 歳以上の定年を確認している組合は、パートタイマーで115組合(33.2%)、契約社員で27組合(19.4%)だった。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧