小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ローソン銀行/10月15日サービス開始、年間利用者500万人目指す

ローソン銀行は9月10日、開業した。

<ローソン銀行の山下社長、ローソンの竹増社長>
ローソン銀行の山下社長、ローソンの竹増社長

消費者向けサービスは10月15日からとなる。

開業から1~2年は、提携金融機関の個人客が利用している24時間365日のATMサービスの機能強化、預金やクレジットカード(申請中)、インターネットバンキングサービスなどリテール事業を推進する。

個人客を対象とするクレジットカードを、関係当局からの許認可の取得を前提に2019年1月に発行する予定。

ローソン加盟店を対象にした売上入金サービスや、給与振り込みサービス(2019年1月予定)も実施する。

年間でATMなど各種サービス利用者500万人を目指す。

また、今後キャッシュレス決済へ取り組み、ATMの事業基盤を通じて提携金融機関とともに、消費者がシームレスに利用できるキャッシュレス決済の導入を検討している。

小売店舗のコスト負担の軽減にも取り組む。

さらに、地域金融機関の支店内外のATMのローソン銀行ATMでの補完・代替、地域金融機関との共同店舗、ローソン店舗内での相談コーナー設置などを通じて、提携する地域金融機関のコスト削減や商品提供チャネル・顧客接点の拡大などを図る。

9月10日行われた事業方針発表会で、ローソンの竹増貞信社長は、「現在ローソン店舗にあるATMをベースに事業を展開する。キャッシュレス化が進む現在に対応し、クレジットカード、スマホ決済など銀行口座に紐づいており、今後のオリジナル電子マネー導入含め、キャッシュレスのプラットフォーム作りを進めていく」と説明した。

ローソン銀行の山下雅史社長は、「既存アセットを生かした決済プラットフォーム、地域金融機関との提携強化による地域活性化に取り組む。2019年1月許認可を前提にクレジットカードも開始し、ポンタも導入する」としている。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧