小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

イオン/障がい者の雇用で新しい働き方「いきいきイオン」開始

経営/2019年01月07日

イオンは1月7日、千葉市の「イオンモール幕張新都心」で、障がい者が能力を活かし「いきいき」と働き続けられることを目指し、新しい取組み「いきいきイオン」を開始する。

<イオン>
イオン

障がい者と企業との相互理解を深め、一人ひとりの能力を活かし、誰もが長く働くことのできる職場を目指す取り組み。

イオングループ各社で、個社ごとに行っていた障がい者の受入れ、働きやすい環境づくり、入社後に行う教育などをイオンの特例子会社であるアビリティーズジャスコのサポートを得ながら、共同で行う。

合同の会社説明会、職場見学会、実習などを経て入社された障がい者社員は、一つのチームとなって共通の教育・サポートを受けながら、各社の店舗業務を行う。

今回はグループ会社のR.O.U、イオンエンターテイメント、イオンカルチャー、ブランシェスの障がい者社員とともに取り組む。

アビリティーズジャスコは、障がい者の就労移行支援を多く手掛けており、この「いきいきイオン」においても、蓄積したノウハウを活かし、障がい者社員が所属会社の業務を自立して行うことができるようになるまでサポートする。

受入会社が配慮すべきことなどを学ぶ勉強会も実施する。

イオンは、2020年までにグループとして障がい者雇用率3%、障がい者雇用人数1万人を目指している。2018年6月現在、障がい者雇用率2.4%、障がい者雇用人数7240人となっている。

同時に、ユニバーサルデザインを取り入れた店舗づくり、従業員を対象にサービス介助士の取得支援、ユニバーサルマナー検定などを進めている。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧