小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ローソン/レンタル・EC商品の返却・返品行う「スマリ」開始、戻り便活用

三菱商事とローソンは4月1日、東京都内のローソン約100店舗で、ローソンの既存物流網(配送後の戻り便)を活用し、レンタル商品やEC商品の返却や返品を受け付けるサービス「スマリSMARI」を開始する。

<スマリサービスの流れ>
スマリサービスの流れ

少子高齢化や共働き世帯の増加などの社会環境の変化に伴い、EC市場は年々拡大している。

中でも、レンタル・シェアリングサービス、返品無料といった付加サービスを提供するEC事業者の増加に伴い、レンタル商品やEC商品の返却・返品数の拡大が顕著となっている。

一方、人手不足は物流面でも深刻な問題となっている。

三菱商事は、ローソンを通じた社会インフラサービスの拡充を進めており、今回、宅配に関する社会課題の解決に資する取組みとして、ローソンとの協業により同サービスの設計、開発を行った。

ローソンは、全国に約1万5000店舗あり、専用配送センターから多い日で1店舗あたり約7~8回商品を納品している。

2018年3月より、同じく既存の物流網を活用した「ローソンフレッシュピック」のサービスを開始し、現在東京都と神奈川県の約1600店舗で行っている。

今回開始するサービスは、納品後のトラックの戻り便を活用した取り組み。

<専用BOX>
専用BOX

専用BOX(高さ:135cm、横:55cm、奥行き:66cm)に入れられたレンタル品やECの返却・返品商品を、ドライバーが回収する。

既存の物流網を活用するため、新たな人員の手配の必要がない。

また、専用BOXの利用のみで返品作業が完了する仕組みのため、店舗にとっては、返品に伴うレジ作業時間の削減が期待できる。

利用者にとっては、宅配便の返品伝票への記入や店舗でのレジ待ちの手間が省け、簡単に短時間で返品することが可能となる。

同時に、EC事業者にとっても、返品方法の多様化による顧客満足の向上が期待される。

港区、中央区、江東区、渋谷区、目黒区、品川区、千代田区の100店舗で開始し、9月までに300店導入を目指す。

利用方法は、お客は利用している対象サービスのサイトで取得されたQRコードを、ローソン店内に設置した専用BOXにかざして読み取る。

すると、専用BOXのドアが開錠され、同時にラベルが印刷される。

ラベルを対象商品に貼付し、専用BOXに入れてドアを閉める。

ラベルには、住所、氏名などの個人情報が印字されないため、プライバシーが保護された状態で返品配送が行われる。

導入するEC事業者は、エアークローゼット(会員数22万人)、CROOZ SHOPLIST(190万人)、ロコンド(157万人)の3社となる。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧