小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

キリン/2019年「タップ・マルシェ」1万3000店目標、クラフトビール強化

経営/2019年05月23日

キリンビールは5月22日、「タップ・マルシェ」の2019年設置店目標を1万3000店にすると発表した。

<タップ・マルシェ>
タップ・マルシェ

5月22日に都内で行われたブルックリン・ブルワリー・ジャパンの2019年戦略発表会で、キリンビールが明らかにしたもの。

「タップ・マルシェ」は、1台で4種類のクラフトビールを販売できる業務用ディスペンサー。

複数のビールの中から、好きなクラフトビールを4種類選ぶことができる。

2019年3月で合計12ブルワリー25銘柄を取り扱っている。

<アメリカで人気の「ブルックリン・ブルワリー」>
アメリカで人気の「ブルックリン・ブルワリー」

クラフトビール市場は、2018年にビール類市場の0.9%程度(キリン調べ)にまで拡大し、クラフトブルワリー数も2018年10月時点で379社と、2016年比で約1.5倍の規模(日本ビアジャーナリスト協会調べ)に増加している。

「タップ・マルシェ」設置店は2018年は7000店で、2019年は日本のブルワリーのほか、アメリカで人気の「ブルックリン・ブルワリー」で基幹商品「ブルックリンラガー」以外にも多様な商品を投入し、展開店舗数も1万3000店と大幅に増やし、さらなるクラフトビール市場の活性化を目指す。

ブルックリン・ブルワリー・ジャパンの2019年戦略発表会でキリンビールの山田精二企画部長は、「アメリカのクラフトビール市場と比べ、日本市場は大手と小規模ブルワリーが協調している。また、タップマルシェという販路があるため、一緒になって、お客様にクラフトビールの良さ、新しさを紹介することができる」。

「料飲店以外にも、ブックカフェ、コンランドリーなど従来にない設置箇所を先入観なく開拓し、お気に入りのクラフトビールを探す楽しみをお客様に提供する」と述べた。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧