小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

小田急/駅にアマゾンの宅配ロッカー設置

経営/2019年09月18日

小田急電鉄は9月18日、アマゾン商品の受け取りが可能な宅配ロッカーサービス「アマゾン ハブ ロッカー」を導入し、小田急線駅構内および駐輪・駐車場スペースに設置すると発表した。

<右:星野社長>
右:星野社長

第1期として9月に6カ所、第2期として年内に4カ所設置する。ロッカーは、アマゾンジャパンが同日より国内に展開する「アマゾン ハブ」の一環として導入するもの。日本国内の鉄道会社において初めての導入となる。

<アマゾン ハブ ロッカー>
アマゾン ハブ ロッカー

「アマゾン ハブ」は、セルフサービスロッカーもしくは、店舗などのカウンターで好きな時間に、自宅外で受け取れ、お急ぎ便も使える受取サービスとなっている。商品の注文時に、配送先として希望のロッカーを指定。アマゾンより商品が発送され、ロッカーへ配達完了すると、受け取り準備完了の通知メールが送信される。メールに記載されている受取バーコードをロッカーのスキャナーでスキャンするとロッカーが開き、商品を受け取れる。保管期間は3日以内となり、返品には対応していない。

<ロッカーの利用イメージ>

小田急では、これまでも宅配事業者の荷物の受け取りや、一部ECサイトにおける発送サービスが利用可能なオープン型宅配便ロッカーを全線の約6割の駅に導入、生活導線となる駅の利便性向上に努めてきた。

同日アマゾンジャパンで行われた記者会見で、星野晃司社長は「駅の利便性、沿線の価値向上の一環としてアマゾン ハブ ロッカーを導入する。ECで圧倒的シェアを誇るアマゾンの受取拠点として、お客様により便利になるだけでなく、社会問題化している再配達の解決にも貢献できる」と話した。

<駅もしくは駐輪場などに設置>
アマゾン ハブ ロッカー

■設置場所
第1期:下北沢駅、経堂駅、祖師ヶ谷大蔵駅、成城学園前駅、生田駅、読売ランド前駅
第2期:世田谷代田駅、小田急梅ヶ丘第1駐車場、オダクル豪徳寺第3(駐輪場)、オダクル千歳船橋第1(駐輪場)

■アマゾン ハブ ロッカー
https://www.amazon.co.jp/hub

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧