小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

モスフードサービス/「特定技能」活用ベトナム人材育成

経営/2019年11月12日

モスフードサービスは10月から、在留資格「特定技能」を活用したベトナム人材の育成・採用プログラム「Viet Nam kazoku = ベトナム カゾク」を開始した。

<ベトナム カゾクの全体像>
ベトナム カゾクの全体像

5年後に特定技能ビザが終了してベトナムに帰国した後も、モスの仲間として、アジアで展開するモスバーガーでの就業することを視野に入れた施策。

プログラムでは、希望する学生が国立ダナン観光短期大学で、日本語、外食産業、MFC(モスフードビジネスカレッジ)を学習。ベトナムで外食向けの特定技能試験を受験する。

日本国内のモスバーガーやグループ店舗でフルタイムの正規雇用者として就業、最長5年の就業を経て帰国する。ベトナム帰国後もモスの仲間として、アジアで展開するモスバーガーでの就業を目指す。

<就業予定者の動き>
就業予定者の動き

プログラムに参加する学生は、ベトナム国立ダナン観光短期大学での教育を経て、ベトナムで実施される特定技能試験を受験する。これに合格した学生は、現地送り出し機関を通じて出国する。

日本国内では、モスバーガーのほか、紅茶専門店であるマザーリーフやパスタ専門店のミアクッチーナなどのグループ店舗に就業する。

2019年は、ベトナム国立ダナン観光短期大学での教育と在留資格「特定技能」取得で50名を目指す。2020年からモスバーガーやグループ店舗での就業を想定する。

2020年以降は、毎年100人のベトナム国立ダナン観光短期大学での教育と在留資格「特定技能」取得を予定する。

2020年夏頃に、就業者が初来日することを想定しており、2021年は150人、2022人は250人、2023年は350人がモスバーガーやグループ店舗で就業する見込みだ。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧