メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

佐川急便/宅配協力会社社員が新型コロナウィルス感染

2020年03月09日経営

佐川急便は3月9日、名古屋市の「港営業所」の宅配協力会社社員(60代・男性)が昨夜(3月8日)、新型コロナウィルスへの感染検査で「陽性」であることが判明したと発表した。

現在、全ての営業所において出社時、入館時に関係者を含む従業員の検温を行っている。該当者は3月7日、出社時の検温において発熱があることから乗務をせず、医療機関を受診していた。

営業所の業務を一旦停止し、業務スペース、トラックなどの消毒作業を実施した後、業務を再開する。そのため、営業所の集配業務に遅れが生じる可能性がある。

社内の濃厚接触者と思われる従業員を特定し、一時、自宅待機を指示した。また、濃厚接触者と思われるお客の調査を実施し、所轄保健所の指示に従う。

営業所の全従業員にはマスクの着用の義務化、出社時の検温、また、手洗い、うがい、アルコール消毒など感染防止対策を徹底するという。

今後も、お客と従業員の安全を最優先に考え、管轄保健所、関係省庁、地方自治体など、関係機関と連携し、感染拡大抑止のため必要な対策を実施する。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月24日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方