メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ローソン/緊急事態宣言で対策発表、セルフレジ・スマホレジ導入拡大

2020年04月08日経営

ローソンは4月8日、緊急事態宣言発令を受け、「新型コロナウイルスに関連する取組」を発表した。まず、店舗での感染防止対策として、ソーシャルディスタンス啓蒙ポスター(1m以上間隔推奨のポスター)を店内に掲示する。

<ソーシャルディスタンス啓蒙ポスター>
ソーシャルディスタンス啓蒙ポスター

また、ソーシャルディスタンス確保のため、レジ待ち立ち位置を床に表示した。

<レジ待ち立ち位置を表示>
レジ待ち立ち位置を表示

入口ドアを定期的に開放するなど店内の換気を徹底、顧客用アルコール消毒液を設置。飛沫感染防止のため、レジカウンター部分にビニールシートの設置を7都府県で推進する。

<レジカウンターにビニールシート設置>
レジカウンターにビニールシート設置

また、接触機会の削減を目的としたセルフレジ・ローソンスマホレジの導入を拡大する。

既にローソン全店に導入済みの新型POS レジは、通常のレジからセルフモードへの切り替えが可能。これまで個店の状況にあわせて、セルフモードへの切り替えを行っていたが、今後は利用時間の拡大など、積極的に拡大する。

ローソンスマホレジは、商品のバーコードを顧客自身のスマホのカメラで読み取ることで店内のどこでも決済できるサービス。レジに並ぶことなく買物が出来るため、接触機会の削減につながるという。

現在、約120店舗に導入しているが、エリアと店舗数を順次拡大する。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月01日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方