流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





セブンイレブン/「感染防止策」間仕切り設置、レジ待ち間隔確保

2020年04月08日 16:50 / 経営

セブン-イレブン・ジャパンは4月8日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の発令を受け、店舗における感染拡大防止策を発表した。

例えば、レジカウンターのお客と従業員の間に、透明の間仕切りを設置し、飛沫の飛散を防止する。

<間仕切りの設置>
間仕切りの設置

また、イートインコーナーの座席を間引き、席の間隔を確保し、お客同士の空間を確保している。

<座席の間引き>
座席の間引き

ソーシャルディスタンス(社会的距離)を確保するため、レジ待ちのスペースの床に、お客同士の距離を空ける目安になるサインを設置した。

<レジ待ち間隔の確保>

そのほか、出勤前の検温等、店舗従業員の体調管理や、マスク着用の励行と手洗い・手指の消毒・うがいの実施についても、引き続き行う。

また、店舗ごとに、感染拡大防止に向けたさまざまな取り組みを実施するという。なお、感染防止策は、全店で実施しているものではなく、一例となる。

画像ギャラリー

関連記事

関連カテゴリー

経営 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧