メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

オーパ/緊急事態宣言「7都府県11店」臨時休業、食品・ドラッグ営業

2020年04月10日経営

OPAは4月7日、新型コロナウイルス感染拡大により発令された緊急事態宣言対象の7都府県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県)で展開するオーパ、ビブレ11店を、4月8日から当面の間、臨時休業すると発表した。

一部店舗は、地域に生活必需品を提供するため、食料品やドラッグストアなど一部ショップの営業をする。

引き続きお客や従業員の安全を最優先するという大前提のもと、地域を支えるライフラインとしての使命を果たす。

<臨時休業店舗>
臨時休業店舗

営業継続店舗での感染拡大防止対策として、「店舗の出入口を開放するなどし、店内換気の実施」「体調チェックリストを活用し、従業員の体調管理を徹底」「従業員の手洗い、うがいの励行とアルコールによる消毒の実施」「感染拡大防止についての店内放送を実施」を行う。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月05日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方