メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

トキワサンコウ/豆腐製造、学校休校で需要激減「新型コロナ」倒産

2020年04月15日経営

東京商工リサーチによると、静岡の豆腐製造トキワサンコウは4月2日、静岡地裁浜松支部より破産開始決定を受けた。負債総額は債権者39人に対して8160万円。

地元の食料品店や市場、学校給食向けなど多くの販路を有し、2010年3月期には売上高約1億500万円をあげていた。

しかし、その後は減収基調で推移し、近年は売上高約5000万円にとどまっていた。打開策として宅配弁当の取り扱いも開始したものの、設備移設に伴い2020年2月から宅配弁当の取り扱いを休止していた。

こうしたなか「新型コロナウイルス」感染防止のため、学校が休校となったことで主力の豆腐の需要が激減。今後の事業継続は不可能と判断し、今回の措置となった。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年09月20日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方