小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

スーパー/ライフ、阪急オアシス、イズミヤ従業員の健康配慮「臨時休業」

経営/2020年05月07日

ライフコーポレーション、阪急オアシス、イズミヤは5月7日、新型コロナウイルスの感染拡大の中、店舗運営を支える従業員の健康などに配慮し「臨時休業日」を設定すると発表した。

ライフコーポレーションは、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け「店舗の衛生環境の維持」と「従業員の体と心のリフレッシュ」をはかるため、5月18日から21日までの間、全275店で各店舗1日間の臨時店休を行う。

エイチ・ツー・オーリテイリングも5月7日、グループの食品スーパーイズミヤ、阪急オアシスは、営業時間短縮など実施しながら、営業を継続することを発表。ただし、従業員の健康などに配慮し、阪急オアシス(一部店舗を除く)は5月21日、イズミヤ・カナート(一部店舗を除く)は5月28日に、それぞれ臨時休業する。

また、食品売場以外は休業している商業施設の千里阪急、高槻阪急、川西阪急、宝塚阪急、西宮阪急、大井食品館、都築阪急、阪神・にしのみや、阪神・御影、あまがさき阪神においても、従業員の健康などに配慮し、5月12日に食品売場も臨時休業を予定している。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

流通最前線一覧