メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

新型コロナ/上場企業90社従業員向け「一時金・特別休暇」で支援

2020年06月08日経営

帝国データバンクは6月4日、「上場企業の新型コロナに伴う従業員への支援策実態調査」の結果を発表した。

2020年2月1日から6月3日までに決算短信や適時開示情報を公表した上場企業のうち、新型コロナに伴う従業員向け支援を実施した企業を集計した。

新型コロナへの対応として、従業員向けの支援を発表した上場企業は、2月1日から6月3日までに累計90社となった。

<主な発表企業>
主な発表企業

業種別にみると「サービス業」(35社、構成比38.9%)が最多。次いで「製造業」(20社、同22.2%)、「その他(持ち株会社含む)」(16社、同17.8%)と続いた。

また「サービス業」のなかでも、「ソフト受託開発」、「パッケージソフト業」、「情報提供サービス業」といったIT企業が目立った。

小売業の上場企業で、新型コロナ対応として「一時金の支給」「特別休暇の付与」などの支援を公表したのは6社だった。

新型コロナの影響を受け倒産した企業は6月4日14時時点で216件判明。倒産の発生スピードは加速しているが、スーパーマーケット、ドラッグストアなど来店客数が急増している業種もある。

事業を支える従業員に対し、一時金の支給や特別休暇の付与を実施する企業が目立った。

<業種別内訳>
業種別内訳
(C)TEIKOKU DATABANK, LTD.

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月27日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方