メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

LIXIビバ/感染症流行時、妊娠中の労働者に60%賃金保障

2020年06月17日経営

LIXILビバは6月17日、厚生労働省が打ち出した「妊娠中の女性労働者等への配慮に向けた要請」の趣旨に基づき、妊娠期の流行性感染症への不安解消の措置を設けると発表した。

政府もしくは自治体が、流行性感染症に関して緊急事態宣言等の措置を講じた場合、もしくは会社として本対応を図る必要があると判断した場合、主治医や助産師からの指導内容に基づき、休暇を含む措置を決定する。

休業措置が決定した場合は、契約日額の60%相当額の賃金保障を行う。会社が定めた期間内で医師が指導した措置の期間が保障期間となり、最長で産前休暇前日までになる。

対象となる感染症は、「風疹 麻疹」「水痘」「流行性耳下腺炎」「伝染性紅斑」「指定感染症(新型コロナウィルス感染症等)」。

措置を設けることで、妊娠中の人が感染症への不安から仕事に支障をきたすおそれがある場合に対応する。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月04日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方