メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ローソン/生鮮EC「クックパッドマート」受け取りボックス設置

2020年06月18日経営

ローソンは6月23日、東京都内のローソン3店舗に、クックパッドが運営する生鮮食品ECサービス「クックパッドマート」の商品受け取りボックス「マートステーション」を設置する。

<マートステーション>
マートステーション

同ボックスをコンビニエンスストア店内で設置するのは今回が初めて。今後、個店のニーズに合わせ、東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県の一都三県を中心に導入店舗を拡大していく。

新しい生活スタイルの中で、家で過ごす時間が増え、自宅で料理をする人が増えている。

ローソンにおいても生鮮品、調味料、日配食品など内食カテゴリーの売上が増加している。クックパッドのレシピサービスの検索では、これまでの検索上位であった時短料理レシピに代わり、居酒屋メニュー、エスニック料理などのレシピの検索率が上昇しているという。

今回の取り組みによって、身近なコンビニエンスストアで受け取りが出来るようになるとともに、受け取りの際に「クックパッドマート」で取り扱いのない冷凍食品、スイーツ、酒類などの商品をローソンで購入できる。

「クックパッドマート」は、地域の農家、商店の顔が見える新鮮な商品を多く取り揃えており、飲食店の休業などで影響を受けている生産者の支援にも繋がる。野菜、精肉、魚など2000品目以上そろう。

一方、宅配ボックス式のため商品の受け取りの際にレジに並ぶ手間や店員との対面の接触もなく、感染リスクが軽減される。設置場所は、店舗ごとの空きスペースの予定だ。

今後はローソン、ナチュラルローソンの一部商品を「クックパッドマート」で購入できる取り組みも計画している。

■導入店舗
受取 サービス開始日:6月23日(注文は6月18日16時より受付開始)
導入店舗:ローソン世田谷桜新町二丁目(東京都世田谷区桜新町2-13-20)
ローソン久が原一丁目(東京都大田区久が原1-12-11)
ローソン港一の橋(東京都港区麻布十番4-3-1)

■クックパッドマート概要
サービス開始:2018年9月
サービス内容:生産者と消費者をつなぐ生鮮食品ECプラットフォーム。地域の生産者が販売する食材を、1品から送料無料で出荷当日に新鮮な状態で専用ボックスに配送するサービス
取り扱い商品:野菜、精肉、魚など2000品目以上。地域の農家、直売所、商店街の専門店、卸売市場の鮮魚等の仲卸、飲食店など150店以上の商品
サービスエリア:東京都23区、神奈川県横浜市・川崎市
マートステーション設置箇所:約100カ所
受け取り方法:指定した場所の専用ボックスで受け取り(一部地域では、有料で 自宅への宅配サービスもあり)

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年09月28日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方