小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ミツカングループ/機構改革

ミツカングループは5月30日、「ミツカンのコーポレートガバナンス」構築に向けて、集団経営をより進化させ、また、エリア事業への権限委譲を進めるために、機構改革を行った、と発表した。

Mizkan Holdings専務取締役・常務取締役から構成される「常務会」を新設し、グループの重要な案件の課題化および課題解決の方向性を議論し、グループCOOの役割を集団で果たす。

また、Mizkan Holdingsの常務取締役以上の役割を明確に設定した。

さらに、エリア事業法人の取締役会の構成を見直し、権限委譲を進める。

Mizkan Holdingsの常務執行役員2名(財務・法務)が、エリア事業法人の取締役を兼務。

権限委譲を進め、エリア事業の責任をより明確にしていくために、エリア事業内における内部監査を導入した。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧