メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ヤッホーブルーイング/銀河高原ビールの全株式取得

2017年09月28日経営

ヤッホーブルーイングは9月28日、銀河高原ビールの全株式の取得について、日本ハウスホールディングスと合意し、株式・債権譲渡契約と不動産譲渡契約を締結した、と発表した。

ヤッホーブルーイングは、「ビールに味を!人生に幸せを!」というミッションのもと、日本のビール文化にバラエティを提供。品質にこだわった個性的で味わい豊かなクラフトビールを製造・販売している。

銀河高原ビールのクラフトビールは国内有数のブランドであり、「ヴァイツェン」、「小麦のビール」をはじめとする製品は、個性や品質の高さが市場から高い評価を得ている。

両社の持つ強みの相乗効果により、クラフトビール市場のより一層の活性化を目指す。

■銀河高原ビール 概要
資本金:5000万円
設立:1994年11月
事業内容:「銀河高原ビール」製造・販売 、「ホテル森の風沢内銀河高原」の運営

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年11月01日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方