流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





スギHD/会長・相談役のコロナワクチン接種の対応におわび

2021年05月12日 10:00 / 経営

スギホールディングスは5月11日、同社の杉浦広一会長、杉浦昭子相談役のコロナワクチン接種の対応に関する経緯について発表した。

今回の案件に至った背景として「相談役が肺がんを患い大きな手術を経験しており、一日も早いワクチン接種をと慮った当社秘書が西尾市役所様にお問い合わせをさせていただいたことに端を発します。その使命感ゆえに何度かお問い合せを繰り返ししたことについてご迷惑をおかけしたと考えております。また会長杉浦自身は過去にアナフィラキシーショックを経験しており、ワクチン接種は希望しておりません」としている。

4月12日、同社秘書から、ワクチン接種予約について西尾市役所健康課に問い合わせし、高齢者枠または医療従事者枠での優先接種ができないかの相談を行った。

4月13~14日、西尾市役所健康課より同社秘書あてに高齢者枠について対応不可の連絡があった。同じく健康課より医療従事者枠については管轄が県のため対応ができない旨の連絡を受け取った。

4月15日、高齢者枠・医療従事者枠での対応不可の判断を受け、同社秘書が一般枠での接種も対応できないのかを再度相談。一般枠での対応について検討できるかもしれないとの回答を受ける。

4月16日、健康福祉部長から、5月10日の接種であれば予約できるので接種券が届いたら連絡を入れるよう電話を受けた。

5月6日、同社秘書が接種券を市役所健康課にて受け取った。

スギHDは、「このような事態を引き起こしましたことを深く反省し、頂戴いたしました、多くのご意見・ご指摘を真摯に受け止め、今後このようなことがなきよう努めてまいります」とコメントしている。

関連記事

関連カテゴリー

経営 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧