流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





京急川崎駅/生鮮ECクックパッドマートの受け取りロッカーを設置

2021年06月15日 14:10 / 経営

京急は6月16日、クックパッドが運営する生鮮食品EC「クックパッドマート」の商品受け取り場所の生鮮宅配ボックス「マートステーション」を京急川崎駅で取り扱い開始する。

<クックパッドの受け取りロッカーを設置>
クックパッドの受け取りロッカーを設置

コロナ禍で生活様式が変化し、内食需要の増加や非接触の受け取りを希望する人、店舗の営業時間短縮により帰宅時に買物ができない人などの需要にこたえるために6月14日設置、6月16日12時から受け取り可能となる。営業時間は7時~22時(京急川崎駅西口営業時間に準じる)。

なお、生鮮食品の受け取りができるロッカーを駅に設置するのは京急線内では初めてだという。

また、7月1日には、京急川崎駅4番線・5番線ホームに、川崎市内や通販サイトで人気のキムチ専門店「おつけもの慶 京急川崎駅ホーム店」がオープン。地元では行列ができるほど評判のキムチや惣菜類が、電車を降りた駅のホームですぐに買うことができる。有人店舗だけでなく自動販売機でも販売することで、有人店舗営業時間外にも購入可能となっている。

関連記事

関連カテゴリー

経営 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧