メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

三菱商事、ローソン/国内最大級オフサイトPPAによる再エネルギーを店舗へ供給

2021年12月13日経営

関連キーワード:

三菱商事とローソンは12月13日、ローソン店舗への再生可能エネルギー(以下、再エネ)供給に関する協業検討について合意した。

協業により、ローソンは、約3600店舗(関東甲信地区、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、の一部の店舗)に再エネを導入する。三菱商事は、新設する太陽光発電設備の建設をウエストホールディングスに委託し、同設備からの再エネをローソン店舗向けに供給する。

太陽光発電設備の規模は約45MWの見込みで、発電量としては、一般家庭の約9000世帯分の電力使用量に相当する。2022年4月からの供給開始を目標とする。今後は、その他エリアへも拡大することで、合計約8200店舗への導入も検討する。

今回、ローソンに供給される再エネは、オフサイトPPAとしては国内最大級となる新設の太陽光発電設備によるものであり、世の中の再エネ増加に貢献するアディショナリティ(追加性)のある取組みとなる。オフサイトPPAとは、遠隔地に再生可能エネルギー発電所を建設し、送配電ネットワークを経由して同発電所からの再エネ電力を長期間供給する売電契約。

ローソンは、ESG基軸経営の観点から、脱炭素社会を2050年に実現し、青く豊かな地球環境を未来につなげるために、環境ビジョン「Lawson Blue Challenge 2050!」を策定しており、1店舗当たりのCO2排出量を2013年対比で2030年に50%削減、2050年には100%削減することを目指している。ローソン店舗へ再エネを導入することで、ローソングループのCO2排出量削減を推進する。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年01月18日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方