メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

三菱地所/丸の内で食べきれなかった料理の持ち帰り用容器を無償配布実験

2022年04月20日経営

関連キーワード:

三菱地所は4月20日、丸の内エリアで「資源循環」に着目した取り組み「サーキュラーシティ丸の内」を開始したと発表した。

<「サーキュラーシティ丸の内」イメージ>
「サーキュラーシティ丸の内」イメージ

この取り組みでは、ごみ減量・再利用率アップなどを推進し、丸の内エリア(大手町・丸の内・有楽町)において、2030年までに廃棄物再利用率100%、単位面積当たり廃棄物排出量20%削減を目指す。

<料理の持ち帰り用容器TO GO BOX・紙袋>
料理の持ち帰り用容器TO GO BOX・紙袋

第1弾として、丸の内エリアの飲食店舗の協力のもと、食べきれなかった料理の持ち帰り用容器TO GO BOX、紙袋を無償配布して食品ロス削減につなげる「MARUNOUCHI TO GO プロジェクト」をスタートする。

飲食店舗の協力のもと、希望者に対し、料理の持ち帰り専用容器TO GO BOXと紙袋を無償配布、各自で食べ残した料理を詰めて持ち帰れるようにするもの。

なお、紙袋は、丸の内エリアのオフィスなどで発生した段ボール古紙を100%利用。オフィス就業者による紙ゴミ分別の促進につなげるとともに、飲食店の利用者にもエシカルな取り組みに参加できるようにすることで、国内最大の企業と商業が集積するまち全体で、廃棄物再利用の循環システム構築を推進する。

また、同プロジェクトを通じ、食べきれなかった料理を持ち帰るライフスタイルを提案する。

ロゴデザインは、廣村正彰氏が手掛けた。「食べ残した料理を持ち帰ることが、サーキュラーエコシステム実現の助けになることが、シンプルに分かりやすく伝わるデザインを目指しました。料理を想起するスプーンとフォークのモチーフから、ラインがのびて円弧を描くことで、エコシステムの循環を表します」という。

■MARUNOUCHI TO GO プロジェクト概要
期間:4月21日~6月30日
対象施設:丸ビル、新丸ビル、丸の内オアゾ、iiyo!!(イーヨ‼)、東京ビル TOKIA、丸の内ブリックスクエア、二重橋スクエア、丸の内テラス、TOKYO TORCH Terrace、よいまちの飲食店舗(一部を除く)
対象店舗:74店舗(4月21日時点)
https://www.marunouchi.com/lp/togobox/

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年05月21日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方