メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

メルカリ/日本サイバー犯罪対策センターに正会員として入会

2022年07月01日経営

関連キーワード:

メルカリとそのグループ会社メルペイは7月1日、サイバー空間の脅威に対処するための非営利団体である一般財団法人日本サイバー犯罪対策センター(Japan Cybercrime Control Center、以下:JC3)に正会員として入会したと発表した。

メルカリとメルペイは、フィッシング詐欺やクレジットカード不正利用などのサイバー犯罪の被害を防ぐため、24時間365日のモニタリング、不正の可能性が高いと判断したアカウントの利用制限、EMV-3Dセキュアの導入、フィッシングサイトの早期検出および閉鎖依頼等に継続して着手。SMS認証をはじめとするセキュリティ強化に加えて、万が一顧客に被害が発生した場合には全額補償するなど、被害拡大の防止を最優先として必要な追加対策を検討・実施してきた。

この度、同センターに正会員として入会することで、不正利用の未然防止ならびにJC3を通じた捜査関係機関との連携による不正利用者の排除をより一層強めることが可能になる。具体的には、サイバー犯罪の動向や詳細を把握し、不正利用の未然防止をより一層強力に進め、顧客が安心、安全に利用できる環境を構築する。

サイバー犯罪の被害についてJC3と共有し事件化することで、不正利用者の排除を強化する。さらに、メルカリとメルペイからJC3に対してサイバー犯罪の手口に関する情報を提供することで、業界全体のサイバー犯罪対策に貢献する。メルカリおよびメルペイは、今後も関係機関や当局と連携の上、顧客に安心安全なサービスを提供するという。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年08月10日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方