セコム/店舗の異常事態に、緊急対応サービス開始

2024年06月26日 15:59 / IT・システム

セコムは7月4日、店舗などで異常事態が発生時に、監視カメラと音声からリアルに状況把握し、緊急対処員の駆け付けや警察への通報などを行う「インタラクティブセキュリティサービス」を開始する。

<監視カメラと契約先の様子を確認するセコム画像センター>

さらに、不審者の来店で不安を感じたときやカスタマーハラスメント(利用客からの過度なクレームなど)を受けた際に遠隔で見守りを要請できる「画像監視要請サービス」と身に危険を感じたときに通報する「非常通報画像監視サービス」も提供する。

法人向け主力サービスのシステムセキュリティ「AZ」と「AZ-Air」では、防犯や防災などのリスク管理のほか、スマートフォンによるカメラ映像の確認、入退室管理などの多彩な機能に加え、クラウド型勤怠管理システム「セコムあんしん勤怠管理サービスKING OF TIME Edition」や店舗管理向けウェブサービス「dot-i」(ドットアイ)との連携を可能しているが、新たに店舗の安全管理をサポートする「インタラクティブセキュリティサービス」が加わった。

それぞれ専用のボタンを押すとセコムの画像センターが契約先の映像と音声を確認。必要に応じてスピーカーから音声で警告するほか、緊急対処員の駆け付けや警察への通報なども行う。

オプションサービス「画像巡回サービス」では、セコムが定期的に契約先の状況を映像と音声で確認する。飲食業や小売業、各種サービス業など接客機会のある有人店舗においては省人化が進む一方、犯罪は凶悪化しており、新サービスにより店舗スタッフの安全確保をサポートする。

■クラウド型勤怠管理システム
「セコムあんしん勤怠管理サービスKING OF TIME Edition」
https://www.secom.co.jp/business/kintai.html

■店舗管理向けウェブサービス「dot-i」
https://www.secom.co.jp/business/security/dot-i.html

■セコムの関連記事
セコム/セキュリティシステムとロボットを連携、夜間清掃などの完全無人化実現

流通ニュースでは小売・流通業界に特化した
B2B専門のニュースを平日毎朝メール配信しています。

メルマガ無料登録はこちら

IT・システム 最新記事

一覧

クラウドに関する最新ニュース

一覧

最新ニュース

一覧