流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





新型コロナ/経営破たん飲食619件・アパレル287件・飲食料品卸売業172件

2022年08月26日 15:01 / 経営

東京商工リサーチが集計した「新型コロナ」関連の経営破たん(負債1000万円以上)は、8月25日16時時点全国で累計3905件(倒産3754件、弁護士一任・準備中151件)となった。

企業倒産は、負債1000万円以上の法的整理、私的整理を対象に集計している。

2021年の年間件数は1718件に達し、2020年の843件に比べて2倍に増加。2022年も7月まで前年同期比3割増となる累計1207件(前年同期比30.2%増)。8月も25日までに137件に達し、19カ月連続の100件超えを記録し、引き続き高水準で推移している。

倒産集計の対象外となる負債1000万円未満の小規模倒産は累計205件判明。この結果、負債1000万円未満を含めた新型コロナウイルス関連破たんは累計で4110件に達した。

<都道府県別では東京都が突出して多い>
都道府県別では東京都が822件と全体の2割強
※出典:東京商工リサーチホームページ

業種別では飲食619件・アパレル287件

業種別では、来店客の減少、休業要請などで打撃を受けた飲食業が最多で619件。次いで、工事計画の見直しなどの影響を受けた建設業が439件、小売店の休業が影響したアパレル関連(製造、販売)の287件。

また、飲食業などの不振に引きずられている飲食料品卸売業が172件。インバウンドの需要消失や旅行・出張の自粛が影響したホテル旅館の宿泊業が148件と続いた。

経営破たん100件以上は9都道府県

都道府県別では、東京都が822件と全体の2割強(構成比21.0%)を占め、最も多い。

以下、大阪府393件、愛知県196件、福岡県190件、神奈川県172件、兵庫県168件、北海道155件、埼玉県143件、静岡県106件と続く。10件未満は1県、10~20件未満が4県、20~50件未満が22県、50件以上100件未満が11府県、100件以上は9都道府県に広がっている。

負債額が判明した3863件の負債額別では、1000万円以上5000万円未満が最多の1419件(構成比36.7%)、次いで1億円以上5億円未満が1259件(同32.5%)、5000万円以上1億円未満が752件(同19.4%)、5億円以上10億円未満が218件(同5.6%)、10億円以上が215件(同5.5%)の順。

「新型コロナ」関連破たん従業員数の合計3万6632人

「新型コロナ」関連破たんのうち、従業員数(正社員)が判明した3739件の従業員数合計は3万6632人にのぼった。

3739件の内訳では従業員5人未満が2110件(構成比56.4%)と、半数以上を占めた。次いで、5人以上10人未満が745件(同19.9%)、10人以上20人未満が469件(同12.5%)と続き、従業員数が少ない小規模事業者に、新型コロナ破たんが集中している。

従業員50人以上の破たんは2021年上半期(1~6月)で17件、下半期(7~12月)で15件。2022年は上半期で24件、7月以降は11件発生している。

「新型コロナ」関連破たんのうち、倒産した3754件の形態別では、破産が3367件(構成比89.6%)で最多。次いで民事再生法が152件(同4.0%)、取引停止処分が142件(同3.7%)、特別清算が75件、内整理が14件、会社更生法が4件と続く。

■倒産関連記事
物価高倒産/「食品」「運輸」で増加、8月にも年間最多更新へ

関連記事

関連カテゴリー

経営 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧