小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

そごう・西武/SPA型婦人靴の販売開始

そごう・西武は2月24日、そごう・西武21店(西武東戸塚店・大津店を除く)で、SPA型婦人靴「リミテッドエディション」春物第1弾の販売を開始した。

<商品の一例>
商品の一例

婦人服のデザインから生産管理まで自社で行うSPA(製造小売業)のノウハウを活用して、婦人靴においても、問屋を通さず、直接工場と取り組むSPA型の商品を販売するもの。

パンプス、カジュアルシューズを展開。50型・150SKU・2万2000足をそろえた。中心価格帯は、1万2960円~1万7280円。

今まで問屋に任せていた素材やデザインの決定から、原材料となる革の手配、工場への生産委託まで、商品の完成に至る全ての過程を一貫して行う。

問屋の事情に左右されず、商品の売れ行きに合わせて短サイクルで追加生産できる体制を構築することが狙い。

マーチャンダイザーが工場にも入り込み、作り手の立場で一緒に仕事をすることで、お客への適時・適品・適価での商品供給に道が開けたという。

安価で大量生産の海外工場ではなく、小規模な国内工場と手を組んだ。職人の繁閑に対応したピークオフ期に安定した生産体制を取ることにより、閑散期のコストを解消し、適切な価格でのモノ作りを実現した。

これまで個々の工場が手配していた革や部材を、スケールメリットを活かし、そごう・西武が一括して手配。工場がモノ作りに専念できるよう、運営の安定化と品質の向上を図り、上質なモノ作りを実現したという。

商品開発に向けては、日々の接客で集めた声から「デザイン性と履き心地の両立」を念頭に、お洒落な形を保ったまま、足を出し入れし易くしたり、クッション性を高めるための工夫を重ねた。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧