小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

サイゼリヤ/日本橋に新業態「スパゲッティマリアーノ」、5年で数百店が目標

サイゼリヤは7月7日、東京都中央区日本橋兜町にスパゲッティの新業態「Spaghetti Mariano(スパゲッティマリアーノ)日本橋茅場町店」をオープンした。

<スパゲッティマリアーノ>
スパゲッティマリアーノ

首都圏を中心に、5年間で数百店の出店目標を掲げる新業態。店舗面積は約66m2で、席数は立食を含め34席を展開する。

イタリアンワイン&カフェレストラン業態の「サイゼリヤ」は2013年11月に国内で1000店を超え、6月末現在で1023店を展開する。店舗同士が競合する状況が生まれる中で、都心部に出店できる第2の柱となる小型店を開発した。

サイゼリヤが出店できる店舗面積の約160m2よりも小さい、約60m2程度で出店できる業態を目指す。

<ランチメニュー>
ランチメニュー

千代川聖サイゼリヤFFS事業部長は「忙しい時代に、誰でも気兼ねなくスマートに食事ができる、新しいスタイルを提案する店舗。ビジネスパーソンだけでなく、誰でも気軽に、普段の食事で、お値打ち感のある本格スパゲッティを楽しんでもらえる店を目指した」と語る。

オープン時は、ポモドーロ、ボロネーゼ、チキンクリームソース、クリーミーカルボナーラ、ペスカトーレ、キノコのクリームソース、茄子のポモドーロ、アーリオ・オーリオ(ペペロンチーノ)など14種類のパスタを展開。

今後、売上上位の商品を定番メニューと位置づけ、3~4か月を目途に売上下位のメニューを入れ替え、新メニューを投入することで、メニューの鮮度感を維持する方針だ。

<ランチセット>
ランチセット

スパゲッティを提供する容器には、ワンハンドで持つことができる専用カップを採用。気軽に短時間で、本格スパゲッティを楽しめる工夫をした。

11時~15時のランチタイムは、パスタ、ポテトサラダ、ドリンクをセットにして税込500円で販売し、オフィス街のランチ需要に対応する。

次>> ランチタイムはドリンクバー形式

次へ> 1 2 3 4 5
関連キーワード:

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧