小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

銀座ライオン/銀座4丁目交差点「GINZA PLACE」に旗艦店

サッポロライオンは8月3日、東京・銀座4丁目交差点に開業する複合商業施設「GINZA PLACE」地下1・2階に旗艦店「銀座ライオン GINZA PLACE店」をオープンする。

<銀座ライオン GINZA PLACE店>
銀座ライオン GINZA PLACE店

GINZA PLACEの開業は9月24日だが、ビヤホール需要の最盛期と創業日の8月4日に合わせて、先行オープンする。

2014年3月30日にGINZA PLACEの建設のために閉店した「ビヤホールライオン 銀座五丁目店」の後継店舗。明治44年8月10日に銀座ライオンの前身となる「カフェー・ライオン」が営業していた地に出店する。

<地下1階の店内>
地下1階の店内

店舗は地下1階に喫茶、ランチ・ディナーを提供する「ブラッスリー」、地下2階に「ビヤホール」を配置した。

店舗面積は地下1階56.75坪、地下2階88.80坪、客席数は地下1階91席、地下2階154席を配置する。

<地下2階ビヤホール>
地下2階ビヤホール

営業時間は、地下1階が月~土10時~23時30分、日祝10時~22時30分、地下2階が月~土11時30分~23時、日祝11時30分~22時。銀座周辺の百貨店の営業時間を考慮し、営業時間を決定した。

平均客単価は、地下1階が3500円~3600円(ランチ1200円)、地下2階が4300円~4500円(ランチ1300円)。1日あたり500~600人の来店が目標で、売上構成比は地下1階40%、地下2階60%を想定する。

<刀根社長>
刀根社長

刀根義明社長は「当社のコアブランドである銀座ライオンの発祥の地に出店する。銀座4丁目の交差点にあり、交差点は出会い、コミュニケーションの場でもある。本格的なビヤホールで飲むことの楽しみ、銀座ライオンならではの本物感を提供していきたい」とあいさつした。

<サッポロライオンの歴史>
サッポロライオンの歴史

交差点を意識し、地下1階は出会いの場、地下2階を集いの場と位置付けた。地下1階はブラッスリーとして、カジュアルに利用してもらうことを想定。喫茶のほか、帰宅前のちょっと1杯のビールなど気軽に入れる店舗を目指した。

<出会いと集いがテーマ>
出会いと集いがテーマ

地下2階は、オーセンティックでハイグレードな王道のビヤホールメニューを提供し、「銀座ライオン」の総本山として、コアブランドの新たな価値を構築する。

次>> 伝統と革新がコンセプト

次へ> 1 2 3
関連キーワード:

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧