メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

キリン/「気仙沼メカジキブランド化推進委員会」に2500万円助成

2016年04月07日トピックス

キリンビールマーケティングは4月7日、東日本大震災の復興支援活動として、宮城県気仙沼市「気仙沼メカジキブランド化推進委員会」が取り組む「気仙沼メカジキの高付加価値化による『食のまち 気仙沼』プロジェクト」への支援金として、総額2500万円を日本財団の協力のもと、助成する。

今回、気仙沼の主要魚種の一つであるメカジキに着目し、メカジキを含めた食による街づくりやブランド作りに成功しているヨーロッパの先進地を視察し、気仙沼でのメカジキのブランド化に繋げることに挑戦する。

三陸沖の豊饒な漁場をもった日本有数の漁港である気仙沼では、メカジキの知名度向上・ブランド化を目指して、推進メンバーとして気仙沼市も加わり「気仙沼メカジキブランド化推進委員会」が2015年9月に結成された。

商工会議所・飲食事業者・水産加工業者・生産団体・流通事業者・行政などさまざまな関係者が参加し、地域全体として「気仙沼のメカジキ」のブランド化を推進していく。

メカジキの街「気仙沼」という新たな価値を創造することで、観光客の誘致にも繋げていき、将来的には「食の街 気仙沼」を目指し、観光客のみならず料理人が気仙沼に学びに来るような街としていきたいと考えている。

今回の助成は、「気仙沼メカジキブランド化推進委員会」が、商工会議所・飲食事業者・水産加工業者・生産団体・流通事業者・行政などと協働で行う「気仙沼メカジキの高付加価値化による『食のまち 気仙沼』プロジェクト」に対するもので、ブランド育成、商品開発、情報発信などに活用される。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月28日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方