小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

楽天/英国とスペインから撤退、欧州事業を再編

海外経営/2016年06月08日

楽天は6月8日、英国におけるRakuten.co.ukのマーケットプレイスと拠点(ケンブリッジ)、スペインにおけるRakuten Spainのマーケットプレイスと拠点(バルセロナ)を閉鎖する予定だと発表した。

<英国におけるRakuten.co.ukのマーケットプレイス>
英国におけるRakuten.co.ukのマーケットプレイス

欧州において将来大きな成長が期待できる分野に集中するため、戦略を見直す。

オーストリアにおけるRakuten Austriaのマーケットプレイスを閉鎖し、オーストリア国内の出店者とユーザーに対しては、ドイツのマーケットプレイスからサービスを提供する。Rakuten Austriaの拠点(ウィーン)は閉鎖する予定だ。

楽天は、計画により影響を受ける地域の従業員との話し合いや各国の法律上の手続きの完了を条件として、該当するマーケットプレイスとウェブサイトを8月末までに閉鎖する予定だ。

出店者やユーザーに対しても、既存サイトにおけるすべての取り引きを完了できるよう、必要な情報やサポートを提供する。

今後、フランスとドイツにおけるマーケットプレイス型EC事業に十分な事業規模と持続的な成長の可能性があると見て、投資を集中する。

欧州各国で新たなビジネスモデルによるECサービスの提供を検討する。

フランスのEC事業ではすでに、ユーザーのロイヤルティ強化のため新たな会員制プログラム「Price Club」を開始しており、ドイツでは、サービスの質の向上を目的とし、コミッション(システム利用料)を引き下げた「Rakuten Pro」プランの提供を開始した。

今後も欧州内においてEC事業のほか、動画配信サービス「Wuaki.tv」や電子書籍サービス「Kobo」などのデジタルコンテンツ事業、無料通話・メッセージアプリ「Viber」、Rakuten Marketingといったアドテック事業などの多角的な事業展開を継続し、成長を図るという。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧