小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ブルーボトルコーヒー/韓国1号店をソウルの聖水に出店

ブルーボトルコーヒーは2019年、韓国・ソウルの聖水(ソンス)に初出店する。

韓国は、2015年の日本進出に続く、ブルーボトルコーヒーが進出する世界で2番目の市場になる。

韓国1号店は、「ソウルのブルックリン」としても知られる聖水洞(ソンスドン)に立地する。

ブルーボトルコーヒーにとって馴染み深い、赤レンガ造りの建物が多いこのエリアは、もともと革靴・衣服の工場や倉庫が立ち並ぶ場所。

近年は若いアーティストやデザイナーが古い建物を改修し、アートスペースなどに生まれ変わらせたため、ギャラリーやレストラン、クラフトビールのブルワリー、スタートアップの企業などが集結するエリアとして人気を集めている。

ブルーボトルコーヒーは、新しいカルチャーを発信するハブとして機能するこの聖水洞(ソンスドン)の中でも、緑が広がる「ソウルの森」の近隣にロースタリーとトレーニングラボを併設したカフェをオープン。

フレッシュなコーヒーと手作りのペイストリーを提供していく。

創業者ジェームス・フリーマンは、「韓国・ソウルにオープンできることを非常にうれしく、また光栄に思います。ブルーボトルコーヒーの既存店舗とは異なる魅力や発見、サプライズをお届けしますので、楽しみにしていただければと思います」とコメント。

ブライアン・ミーハン最高経営責任者は、「私たちのカフェはこれまで、たくさんの韓国のお客さまに支えられてきました。この度、初のカフェを韓国にオープンできることを非常にうれしく思います」。

「彼らにとってブルーボトルコーヒーは今後、“観光スポット”から“ライフスタイルの一部”へと進化することでしょう」とコメントしている。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧