小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

アダストリア/2月期大幅な増益、次期は66店舗出店

アダストリアが4月4日に発表した2016年2月期決算は、売上高2000億3800万円(前年同期比8.4%増)、営業利益160億400万円(2.7倍)、経常利益161億8500万円(2.5倍)、当期利益91億2200万円(18倍)となった。

売上高は、自社生産体制の拡充に伴う商品開発力の向上やWEB事業の伸長などの要因により、順調に推移した。

ブランド別では、「グローバルワーク」、「ニコアンド」「ジーナシス」が高い伸びを示した。

店舗展開は、93店舗の出店(内、海外29店舗)、125店舗の退店等(内、海外31店舗)の結果、グループの店舗数は、1324店舗(内、海外104店舗)となった。

収益面は、円安などによる原価上昇の影響はあったものの、きめ細かい売価コントロールにより、値下げロスが減少した結果、売上総利益率は56.6%(前年度比1.1ポイント増)となった。

販売費及び一般管理費は、ブランド認知度上昇によりテレビコマーシャルを削減するなど、経費の最適化に注力した結果、販管費率は48.6%(前年度比3.7ポイント減)となり、営業利益率は8.0%
(前年度比4.8ポイント増)と上昇した。

特別損益は、店舗の減損損失6億4400万円と関係会社株式売却損1億7300万円を特別損失に計上した。

次期は、グローバルワーク、ニコアンドといった基幹ブランドを世界で戦えるグローバルブランドとすることを目指して強化していく。

その他のブランドもそれぞれのブランドポジションを明確化し、ブランド特性にあった仕入・販売・投資戦略を実行する。

SPA体制も、店頭情報を起点とした企画・生産・販売の全プロセスを見直して効率化を進めるとともに、品質向上・コストダウン・リードタイム短縮とあらゆる面でレベルアップする。

業績見通しの前提として、既存店売上高前年比3.0%増、出店等66店舗(内、海外18店舗)、退店等35店舗(内、海外6店舗)とする。

通期の業績予想は、売上高2089億円(4.4%増)、営業利益170億円(6.2%増)、経常利益173億円(6.9%増)、当期利益100億円(9.6%増)を見込んでいる。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧