メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

アスクル/6~11月は当期利益24.1%減

2016年12月14日決算

アスクルが12月14日に発表した2017年5月期第2四半期決算は、売上高1650億9000万円(前年同期比10.1%増)、営業利益36億4100万円(18.2%減)、経常利益35億8500万円(19.1%減)、当期利益21億500万円(24.1%減)となった。

生産性の高い最新鋭の物流拠点の新設、グループ独自の新受取りサービスの早期立ち上げ「LOHACO」の認知度向上のための積極的な販売促進策の実行などが、グループの成長戦略実現に大きく寄与するものと判断し、計画的長期戦略投資を実施した。

営業利益は、将来の収益極大化に向けた物流投資、積極的な販売促進策を実施したため、計画通りの減益となったが、第2四半期連結会計期間(3か月)では前年同期比で増益転換が図られた。

通期は、売上高3480億円、営業利益95億円、経常利益95億円、当期利益55億円の見通し。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月22日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方