小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

高島屋/2月期は、地方店が全店黒字化し増収増益

高島屋が4月9日に発表した2018年2月期決算は、売上高9495億7200万円(前年同期比2.8%増)、営業利益353億1800万円(3.9%増)、経常利益386億600万円(3.7%増)、当期利益236億5800万円(13.4%増)となった。

百貨店業での売上高は、8265億6100万円(3.7%増)、営業利益は135億900万円(10.9%増)となった。店舗施策は、高崎店が、昨年9月に、高崎駅前再開発に合わせた全館改装を実施し、売上高の増大に貢献した。

泉北店・立川店・米子店においても、専門店との協業や行政との連携を深め、より多くのお客に来店してもらえる体制を構築した。これら収益力強化に努めた結果、全店黒字化となった。

商品施策につきましては、百貨店ならではの編集力を生かし、見やすく買いやすい売場の原点に立ち返った編集売場の開発に努めた。

心とカラダ両面の充実を目指すライフスタイルをコンセプトとしたフロア「ウェルビーフィールド」の新宿店への導入のほか、子育てライフスタイル提案売場「ハローベビーサロン」「ディアキッズスクエア」、働く世代を応援する「スーツクローゼット」、「タカシマヤスタイルオーダーサロン」、さらにロボットと人が共生する新たな暮らしを提案するロボット専門売場「ロボティクススタジオ」を開発した。

お客との接点拡大とお客の利便性を高める取組も、他企業とのアライアンスを積極的に進めることで実現した。

NTTドコモやロイヤリティ マーケティングの会員を含めた共同マーケティングに加え、ソニー銀行との提携により、百貨店初のデビットカード「タカシマヤプラチナデビットカード」を発行した。

通期は、売上高9190億円(1.2%増)、営業利益300億円(15.1%増)、経常利益335億円(13.2%減)、185億円(21.8%減)の見通し。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧