小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

プラネット/8~4月の売上0.9%増の22億円、営業利益4.2%減の5億円

プラネットが5月28日に発表した2018年7月期第3四半期の業績は、売上高22億2100万円(前年同期比0.9%増)、営業利益5億1400万円(4.2%減)、経常利益5億2300万円(5.2%減)、純利益4億200万円(8.7%増)となった。

業務委託費や研究開発費等の販売費及び一般管理費が増加し、営業利益、経常利益は減益となったが、関係会社株式売却益等の計上により純利益は増加した。

6年ぶり7度目となる大規模なネットワーク基盤の刷新を行い、データの処理能力を大幅に向上させた。

東京・富山の2拠点にネットワーク基盤を分散配置し両拠点で同時にデータ処理を行う方式にすることで、大規模災害発生時にも短時間で拠点を切り替えることを可能とし、耐障害性も大幅に向上させた。

通期は、売上高30億2000万円(1.5%増)、営業利益7億500万円(2.6%増)、経常利益7億2000万円(2.1%増)、当期純利益4億8500万円(1.3%増)を見込んでいる。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧