メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

京急/4~6月の流通業、百貨店・スーパー好調で営業利益10%増

2018年08月08日決算

京浜急行電鉄が8月1日に発表した2019年3月期第1四半期決算によると、流通業の売上高は264億2000万円(前年同期比1.2%増)、営業利益6億1500万円(10.9%増)となった。

百貨店事業の京急百貨店は、一部店舗において改装に伴う休業の影響があったものの、前期にリニューアルした各売場が順調に推移したことなどにより増収となった。

ストア業では、京急ストアは、前期に閉店した店舗の影響があったものの、前期に開業した店舗などが順調に推移し、増収を計上。

物品販売業は、京急ステーションコマースで、セブン-イレブン・ジャパンと業務提携した店舗などが順調に推移し、増収となった。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月29日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方