小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

クリエイトSD/6~8月売上高、猛暑で暑さ対策商品好調7.5%増

クリエイトSDホールディングスが10月1日に発表した2019年5月期第1四半期の連結決算は、売上高714億4900万円(前年同期比7.5%増)、営業利益35億4300万円(3.3%増)、経常利益36億3500万円(3.5%増)、純利益24億3200万円(1.5%増)となった。

ドラッグストア事業の売上面は、前年6月に実施したクーポン販促の反動があったものの、前期からの出店数増加に加え、猛暑により制汗剤や暑さ対策商品、飲料などの販売数が上がったことから増収。

利益面では、夏場の日焼け止めや暑さ対策商品などの季節商材が好調に推移。

売上総利益率が前期を上回ったことにより、人件費単価の上昇や電気使用量の増加による経費の上昇を吸収し前期を上回る結果となった。

2019年5月期通期の連結決算は、売上高2909億円(前期比8.5%増)、営業利益145億8000万円(5.2%増)、経常利益149億円(4.7%増)、純利益97億8000万円(2.5%増)を予想している。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧