メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

メディパル/4~9月、日用品・一般用医薬品好調で営業利益17.5%増

2018年10月31日決算

メディパルホールディングスが10月31日に発表した2019年3月期第2四半期の連結決算は、売上高1兆5832億7900万円(前年同期比1.5%増)、営業利益231億900万円(17.5%増)、経常利益291億7300万円(13.1%増)、純利益154億8300万円(4.1%減)となった。

医療用医薬品等卸売事業における売上高は1兆303億1500万円(0.5%減)、営業利益は83億1000万円(32.2%増)。

売上面は、薬価引下げの影響や後発医薬品の使用促進があったものの、抗がん剤やC型肝炎治療薬などの新薬が伸長したことなどにより、前年並みで推移した。

化粧品・日用品、一般用医薬品卸売事業は、売上高は5218億400万円(5.4%増)、営業利益は137億3600万円(10.5%増)

2019年3月期通期は、上方修正している。

売上高100億円増の3兆1660億円(前期比0.6%増)、営業利益10億円増の470億円(6.2%増)、経常利益10億円増の610億円(6.4%増)、純利益3億円増の323億円(7.1%減)を予想している。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月24日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方