メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ココカラファイン/4~9月、災害や猛暑による客数減で営業利益9.5%減

2018年10月31日決算

ココカラファインが10月31日に発表した2019年3月期第2四半期の連結決算は、売上高2005億7600万円(前年同期比2.6%増)、営業利益57億500万円(9.5%減)、経常利益68億4300万円(8.4%減)、純利益39億6100万円(14.0%減)となった。

売上面は、薬価引き下げや報酬体系の大幅な見直しによる影響も想定の範囲で推移し、M&A及び出店戦略の成果により規模拡大が進んだことにより増収だった。

利益面では、6月の大阪北部地震、7月の西日本豪雨、9月の台風21号や北海道胆振東部地震など、多くの自然災害が発生し、全国的な猛暑や長雨など天候不順による客数減の影響を受け、減益を計上した。

新規32店舗を出店、21店舗を退店し、22店舗の改装を実施。9月末で店舗数は1333店。

2019年3月期通期の連結決算は、売上高4120億円(前期比5.4%増)、営業利益147億円(7.2%増)、経常利益170億円(6.1%増)、純利益106億円(16.9%増)を予想している。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月24日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方