メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

G-7HD/3月期は、業務スーパー好調で増収増益

2020年05月12日決算

G-7ホールディングスが5月11日に発表した2020年3月期決算によると、売上高1326億4200万円(前年同期比8.3%増)、営業利益57億8300万円(15.3%増)、経常利益59億9500万円(19.5%増)、親会社に帰属する当期利益35億2300万円(15.8%増)となった。

業務スーパー・こだわり食品事業は、売上高902億200万円(12.7%増)、営業利益は35億9600万円(21.0%増)となった。

品質のよい商品をリーズナブルな価格で提供する業務スーパーと精肉販売のテラバヤシが好調に推移した。メディアによる業務スーパー商品の紹介などにより新規顧客の来店にもつながった。

出店では、「業務スーパー」を東京に2店(深大寺東町店、たかの台店)、神奈川に2店(逗子店、二宮中里店)、岐阜に1店(岩地店)、愛知に1店(尾張瀬戸店)、千葉に2店(川間店、成田店)、福岡に1店(筑紫野店)、北海道に1店(小樽店)オープンした。

「テラバヤシ」は、福島に1店(福島栄町店)、東京に2店(深大寺東町店、たかの台店)、兵庫県に3店(加古川店、花田店、下手野店)、岐阜に1店(岩地店)、神奈川に1店(二宮中里店)、愛知に1店(尾張瀬戸店)、千葉に2店(川間店、成田店)、北海道に1店(小樽店)オープンした。

その他事業の売上高は49億5400万円(9.4%増)、営業利益は1億5200万円(271.9%増)となった。

農産物直売所「めぐみの郷」を大阪に4店(平野店、貝塚店、堺東店、羽曳野店)、東京に2店(深大寺東町店、たかの台店)、岐阜に1店(岩地店)、神奈川に2店舗(二宮中里店、鴨居店)、愛知に1店舗(尾張瀬戸店)、千葉に2店(川間店、成田店)、ステーキチェーン店「いきなり!ステーキ」を大阪に2店(富田林店、堺インター店)、台湾に1店(シティリンク南港店)、ブランドリサイクルショップ「キングラム」を兵庫に1店(イオン西宮店)オープンし、健康体操教室「Curves」を神奈川で1店(横浜すすき野店)譲受けた。

オートバックス・車関連事業の売上高は 374億8600万円(1.3%減)、営業利益は19億4800万円(1.8%減)となった。

次期は、売上高1700億円(28.2%増)、営業利益67億円(15.9%増)、経常利益70億円(16.7%増)、親会社に帰属する当期利益40億円(13.5%増)を見込んでいる。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年11月29日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方