メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

スターバックス/日本で紅茶の販売を本格化

2016年10月03日商品

スターバックスコーヒージャパンは10月3日、日本国内で、紅茶ブランド「TEAVANA(ティバーナ)」の販売を開始した。

<商品の一例>
商品の一例

ティバーナはアメリカ、ヨーロッパに続き、秋からアジアでの展開を開始していた。事業の基盤であるコーヒー&エスプレッソやフラペチーノに新たな柱としてティーを加えるという。

まず、「ゆずシトラス&ティ」(Short税別390円、Tall430円、Grande470円、Venti510円)を販売する。

「ティーを多彩に変えていく。」をブランドコンセプトとし、さまざまな種類の茶葉にフルーツや花、ハーブやスパイスなどをブレンドした商品だけでなく、それらをこれまでとは異なる抽出方法、素材などと組み合わせて作り上げるビバレッジを展開し、無限に広がるティーの楽しさを生み出すという。

紅茶商品のブランド変更に伴い、既存の紅茶商品5品目を10円値上げする。ティーラテは410円が420円となる。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月31日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方