小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

キリン「世界のKitchenから」/中食市場参入、働く女性向け「カオスープ」

キリンビバレッジは6月26日、「世界のKitchenから とろけるカオスープ」(税別165円、270ml)をコンビニエンスストア、インターネット通信販売限定で先行発売する。

<世界のKitchenから とろけるカオスープ>
世界のKitchenから とろけるカオスープ

「世界のKitchenから」シリーズは、世界の家庭で出会ったおいしい知恵や工夫からインスピレーションを受け、新しいおいしさを生み出し、商品として提案している。

「カオスープ」シリーズは、「カオスな味わいを楽しめる、スープのような食代替の飲料」という新しいシリーズ。

第1弾「とろけるカオスープ」は、たくさんの素材を上手に組み合わせ、味わいの重なりを楽しむベトナム・ハノイの「五味五彩二香」という料理の知恵にインスピレーションを得た。

毎日忙しく働く女性に向け、健やかな生活のサポート、ストレスの多い状況での癒しになることを目指した。

働く女性のいつものお昼に彩りを与え、食事代替となるよう、野菜ジュースではなく、あえてスープとして開発。

忙しい合間にとる昼食に、野菜ジュースやサラダのように、おにぎりやサンドイッチと組み合わせて食べるシーンを想定している。

<4つの素材の味と香りが複雑に交互に主張>
4つの素材の味と香りが複雑に交互に主張

中身は、桃、トマト、クリームチーズ、ミントの4つの素材の味と香りが、複雑に交互に主張しながらも、調和の取れた味わいに仕上げた。

桃の甘み、トマトの酸味、クリームチーズの濃さ、ミントのさわやかさ、それぞれが、フレッシュに、繊細に感じられるよう配合している。

トマト汁を55%、桃果汁を12%使用。ぜいたくにピューレを使用し、とろっとした食感で、スムージーのような満足感が得られる。

パッケージは、広口容器を採用し、キャップを開けた途端に甘く芳醇な香りが広がる仕様になっている。

海外の高級デリを想起させる黒を基調とした。中味に使用している食材のイラストを前面に配置し、素材の満足感を表現している。

近年、働く女性の割合は年代、既婚・未婚を問わず増加しており、忙しく働く女性の昼食時の中食利用が注目されている。

また、同社が実施した「食べ物、飲み物に関するこだわり調査」によると、単調な味わいよりも複合的な味わいへの関心が高く、自分では作れないレシピが求められる傾向にあるという。

<「カオスープ」開発メンバー、右端・菅谷マネージャー>
「カオスープ」開発メンバー、右端・菅谷マネージャー

同社のマーケティング本部の菅谷恵子・ブランドマネージャーは、「女性の中食ユーザーの拡大、海外のがぶ飲みスープの流行に応え、おいしくて心と体を満たすスープを開発した。世界のKitchenからは、食生活に溶け込むドリンクとして、飲料を幅広くとらえており、今後も中食需要に応え、カオスープシリーズを育成していく」と話している。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧