小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

マクドナルド/年間1億個販売「ハッピーセット」、本と図鑑選択可能に

商品/2018年07月02日

日本マクドナルドは7月20日、ハッピーセットを進化させ、絵本と図鑑も選択肢に加わる新プログラム「ほんのハッピーセット」を開始する。

<「ほんのハッピーセット」イメージ>
「ほんのハッピーセット」イメージ

これにより、ハッピーセットはおもちゃか絵本か図鑑のいずれかを選べるようになる。

鹿児島県・宮崎県内の店舗では、全国スタートに先立って7月6日より先行スタートする。

ハッピーセットは年間1億個以上販売しており、この規模を活かして社会に寄与する活動を行うことがマクドナルドの企業としての責任であると考え、グローバル全体で「お子様の健全な成長を願う
様々な取り組み」を行っている。

今年度は、その第1弾として「おもちゃのリサイクルプログラム」を、第2弾として職業体験プログラム「マックアドベンチャー」のWEB予約システムを開始。

第3弾としてハッピーセットはおもちゃに加えて絵本と図鑑も年間を通して、選べるように生まれ変わる。

「ほんのハッピーセット」に登場する絵本は、子供たちが楽しく読めることを前提に、思いやりの心や感動する心を育み豊かな人間性を育てる「徳育」を目的に、絵本作家によるオリジナル描き下ろし絵本を提供。

また、図鑑は、知識を得ることで自ら考え、判断し、表現する力を育む「知育」を目的として、「小学館の図鑑 NEO」をもとにハッピーセットのために編集されたページと、子供たちの好奇心を刺激し、発見を促すクイズなどのオリジナルページで構成した「ミニ図鑑」となっている。

絵本と図鑑はそれぞれ2か月~3か月で次のシリーズへと切り替わっていく予定。

■ほんのハッピーセット
http://www.mcdonalds.co.jp/family/happyset/next_book/

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

流通最前線一覧