小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ファミリーマート/2019年「フラッペ」4000万杯目標、女性客取り込む

ファミリーマートは、コーヒーマシンのミルクで作るフローズンドリンク「フラッペ」の販売を強化する。

<チーズケーキフラッペ>
チーズケーキフラッペ

「フラッペ」は、2014年のシリーズ開始から、累計1億4000万杯以上売り上げている人気商品となっている。

4月21日、NYチーズケーキをイメージした「チーズケーキフラッペ」(税込330円)を発売。

人気の「ストロベリーフラッペ」(330円)、「チョコレートフラッペ」(290円)をさらにおいしくリニューアルし、季節定番として販売する。話題性のある限定商品を毎月打ち出し、消費者を飽きさせず、加えて定番を強化することで、2019年は前年比5%増の4000万杯を目指す。

<右:木内部長>
右:木内部長

4月18日行われた新作フラッペ説明会で、木内智朗ファストフーズ部長は、「フラッペは、女性客開拓の重要なアイテム。コンビニのカウンターコーヒーなどは男性客の利用メインだが、フラッペの購入割合は女性6に対し、男性4となっている。フラッペで30~40代女性を取り込む。CMもその年代の女性に高感度の高い香取慎吾さんを起用した」と説明した。

昨年のフラッペは、カラフルな「ギャラクティカ」「ファンタジー」で若年層の取り込みに成功。

木内氏は、「去年の2商品は、特に若年女性層に人気だった。今年も、若年層をターゲットにしたフラッペも開発する。フラッペで、ファミリーマートを選んでもらい、競合と差をつける」と述べた。

「チーズケーキフラッペ(アップルソース仕立て)」は、3種のチーズ(チェダーチーズ・ゴーダチーズ・クリームチーズ)を使ったニューヨークチーズケーキの味をイメージした。

チーズと相性のよい焼きりんごソースを使い、ほんのりとした酸味を添えた。

<ストロベリーフラッペ>
ストロベリーフラッペ

「ストロベリーフラッペ」は、爽やかな酸味と甘み、色鮮やかな果肉が特長の「カマロッサ種」のいちごを使用。

いちご果汁・果肉を昨年よりも1.6倍増量することで、苺の濃厚な味わいを最初から最後まで楽しめる。

<チョコレートフラッペ>
チョコレートフラッペ

「チョコレートフラッペ」は、エクアドル産の華やかな香りのカカオ豆を原料としたチョコチップを昨年比の2倍配合した。

3商品とも、ガリガリ君でおなじみの赤城乳業のかき氷のノウハウが活用されている。徹底した温度管理の元、氷とシロップを空気と抱き込みながら混ぜて作ったやわらかいかき氷により、ミルクを入れた時に最適な粒度に仕上げた。

5月5日には、昨年発売した「フラッペ」の中で最も人気だった「バナナジェラートフラッペ」(320円)が登場。

甘く育ったバナナ果汁・果肉を使用し、バナナ感を強化した。別売りのパリパリチョコソース(45円)をかけて混ぜると「チョコバナナ」フレーバーとしても楽しめる。

<香取慎吾さんがフラッペの作り方をダンスで表現するTVCM>
香取慎吾さんがフラッペの作り方をダンスで表現するTVCM

また、「フラッペ」の作り方がわからないという消費者の声に対応し、CMなどで作り方、楽しみ方を訴求する。4月22日から香取慎吾さんがフラッペの作り方をシュールなダンスで表現するTVCMを放映する。

<フラッペで女性客取り込む>
フラッペで女性客取り込む

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧