小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ローソン/ソーセージ4割増量「温めて食べるホットドッグ」2品

ローソンは2月4日、食べごたえのあるソーセージと人気のトッピングで楽しむホットドッグ「GOOODOGとろけるコク旨チーズ」と「GOOODOGトマトオニオン~ハラペーニョ入り~」(各税込298円)を発売する。

<GOOODOGとろけるコク旨チーズ>
GOOODOGとろけるコク旨チーズ

今回発売する商品は、具材のおいしさをたっぷり楽しめるよう、メイン具材であるソーセージにこだわった。

現行品の「パリッとジューシーなホットドッグ」と比較して、ソーセージの重量を約4割増量。パンからはみ出す長さとしたことで、最初から最後までソーセージを味わえるという。

<GOOODOGトマトオニオン>
GOOODOGトマトオニオン

ホットドッグで人気の高いトッピングであるチーズ、刻みオニオンをそれぞれに使用した。

2019年11月に東京都内の30店舗で行った実験販売では、20代から40代の男性を中心に好評だった。また、現行品と比較し夕夜間の購入比率が高かった(Ponta会員データ)。

ローソンは、今回発売する「GOOODOG」シリーズに加え、2019年9月に販売を開始した具材を楽しむサンドイッチ「SAND FULL(サンドフル)」シリーズなどの調理パンを販売。調理パンカテゴリーの売上高は、「SAND FULL」シリーズの発売以降の2019年9月から12月の4ヶ月連続で前年を上回っている。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧