メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

東京商工リサーチ/取引先「新型コロナ」影響に特化した指標提供

2020年06月02日商品

東京商工リサーチは6月1日、世界最大級の企業情報プロバイダーである米国のDun&Bradstreet (以下D&B) の分析手法を用いて、取引先に対する新型コロナウイルスの影響度合いを1~100のパーセンタイルスコア形式で数値化した指標「D&B COVID-19 Impact Index」の提供を開始した。

同スコアは、新型コロナウイルスが取引先に与える影響に特化し、グローバル246カ国超の収集情報をもとにD&Bの分析手法を用いて影響度合いを算出しパーセンタイルランクで提供するサービスとなる。

既存の格付け等を補完するソリューションとして、新型コロナウイルスの影響を考慮した取引先管理を実現。新型コロナウイルスに関連する各種リスク、所在地域における感染状況、業種特性に関する指標に加え、利害関係のある取引先に関する情報を加味した指標も提供、多角的な取引先管理に利用できるという。

<「新型コロナウイルス」影響に特化した指標提供>
「新型コロナ」影響に特化した指標提供
※出典:東京商工リサーチ

D&Bが保有する全世界246カ国超1億7200万件の事業を継続している企業の情報を提供可能となっている。

料金は、D-U-N-S Number(D&Bが開発した9桁の企業識別コード)で顧客管理している顧客は初回無料、2回目以降2500社まで2万5000円、5000社まで5万円とした。

提供形式は、D&B COVID-19 Impact Indexファイル(英語)、D-U-N-S Number、社名(英語)・所在地(英語)を格納したファイルの計2ファイル。週次更新となる。

■問い合わせ先
https://www.tsr-net.co.jp/service/product/covid_19/index.html

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月01日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方